選ばれる理由 翻訳プロセス

アークコミュニケーションズの翻訳プロセス

翻訳プロセスが違うから品質が違う

アークコミュニケーションズでは、翻訳業界の常識を打ち破って、日本の製造業の品質管理手法を取り入れています。たとえば品質を左右するチェック工程では、ただのチェッカーではなく、普段翻訳者として活躍するチェッカーが、原文の意図を考慮しながら訳文をチェックします。また、チェック結果はすべて翻訳者にフィードバックされます。

―― 弊社の翻訳プロセスはここが違います! ――

英語はもちろん、簡体字・繁体字中国語、韓国語、フランス語など、世界44言語に対応。
合格率5%という厳しいトライアルに合格した、200名以上のネイティブの翻訳者が在籍しています。
さらに彼らは、経営企画やIT情報通信から、広報・マーケティング、教育機関にいたるまで、あらゆる専門分野に特化したエキスパートたち。
一般企業での就業経験もあり、ビジネススキルやノウハウを活かして、貴社の事業にマッチした高品質な翻訳をご提供します。

ネイティブ翻訳、翻訳者チェッカー、全文突き合わせ、フィードバック…
工程 作業内容・補足説明 アークコミュニケーションズの特徴 一般の翻訳会社の例※
入稿      
一次翻訳 厳しいトライアルに合格したネイティブが翻訳 ネイティブ翻訳者が翻訳
利点:自然な英語に仕上がる
日本人翻訳者が翻訳
翻訳チェック ・トライアルに合格した専門分野に詳しい翻訳者がチェッカーとなる
・全文の突き合わせチェック
・翻訳もれ、原文の解釈ミス、翻訳ミス、数字・固有名詞の間違いをチェック
翻訳者がチェックする
利点:日本語の意図を間違えずに伝える

チェック専門のネイティブがチェック

(日本語がわからないケースも)

全文突き合わせチェック
利点:漏れがない
ポイントチェックのみ
翻訳見直し チェック結果を一次翻訳者へフィードバックして、文章全体の表現などを最適に調整 常に実施
利点:全体調整、翻訳者のスキルアップ
文章全体の見直しや一時翻訳者へのフィードバックが無い場合が多い
・チェッカーが修正部だけ直して終わりというケースがほとんど
・この結果、文章内の表記に揺れが出たり、翻訳者の学習につながらない(次回以降、同じ過ちを繰り返す可能性がある)
最終チェック お客様の要求を満たしているかを基準に、品質保証部やプロジェクトマネージャーが社内でQAを実施 PMが社内でQA
利点:マクロな品質保証
アークコミュニケーションズのプロセスとほぼ同じところが多い
納品      

※ 翻訳会社によっては、アークコミュニケーションズと同様のプロセスを実施しているところもあります。ここに挙げたのは代表的な一例です。

▶納期について
納期は原稿の分量により異なります。お見積の際に納期についてもご提案させていただきます。 通常プロセスの翻訳の場合、最短で3営業日ほどのお時間をいただいています。 原稿の分量が多い場合には、複数の翻訳者が分担して納期を短縮することもできます。 お急ぎの場合はお気軽にご相談ください
▶お見積り・トライアル翻訳は「無料」

お見積りは無料です。原稿が完成している場合には、お送りいただいた原稿ファイルをもとに、原則、2営業日以内に費用や納期などをご提案させていただきます。原稿作成中の場合は、完成後の想定分量(ファイル形式、ページ数など)をもとにご提案いたします。

お試しで翻訳品質をご確認いただけるトライアル翻訳も無料で承っていますので、ぜひ一度、アークコミュニケーションズの高品質翻訳をその目でお確かめください※。

※日英翻訳の場合には原文400文字程度、英日翻訳の場合は原文300ワード程度まで。くわしい内容についてはお問い合わせください

▶料金について

料金は、原文の文字数(もしくはワード数)、および翻訳言語などによって決まります。DTP作業が必要な場合は別途料金が発生しますので、翻訳料金表をダウンロードしてご確認ください。

翻訳料金表ダウンロードお申し込みフォーム

翻訳の見積依頼フォーム

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
翻訳料金表ダウンロードはこちら
翻訳の見積もりは無料で承っております!
お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)