翻訳分野 Webサイトの翻訳・ローカライズ

Webサイトの翻訳品質が
ビジネスチャンス獲得の成否を左右

アークコミュニケーションズのWebサイト翻訳・ローカライズでは、配信先となる現地の国民性や地域特性を熟知した翻訳者が、企業の特徴や文化を綿密に調査し、的確な翻訳を行います。また、Webサイトというメディアに最適化した、お客様にご負担をかけない納品形式でのご提供が可能です。

さらに、制作から運用までトータルにWeb発信をカバーできるのはアークコミュニケーションズならでは。Webサイトの翻訳(英語サイトのほか中国語サイトなど多言語サイトまで)・ローカライズをお考えのお客様は、ぜひ一度、アークコミュニケーションズにご相談ください。

アークコミュニケーションズ,Webサイト,翻訳サービス,ローカライズ

アークコミュニケーションズのWebサイト翻訳・ローカライズのポイント

ネイティブ翻訳者が、海外でも伝わる的確で自然な翻訳を実現
日本語で作ったWebサイト上の文章をそのまま翻訳するだけでは、日本国外に住む現地の方には伝わらないこともよくあります。簡単な一例として、電話番号には国番号を、住所には国名(Japan)を書き足すなど、海外向けに書き直すべき部分が意外と多くあります。さらにアークコミュニケーションズでは、業界や分野の経験豊富なネイティブ翻訳者が、一次翻訳を行い、その後日本人翻訳者が、ネイティブ翻訳者が日本語の解釈が間違っていないか、というチェックを行います。一次翻訳を日本人など非ネイティブが行った後にネイティブチェックという工程で翻訳を行うと、どうしても不自然な英文が残ります。アークコミュニケーションズでは一次翻訳を英語ネイティブが行うことにより、自然な英文の翻訳を実現しています。中国語など多言語でも同様の工程で、翻訳を行っています。

表面上見えない要素も翻訳
Webサイトを記述しているHTMLには、画面に表示されない隠れた情報がたくさん埋め込まれています。代表的なものには、METAタグ属性の「title」「description」などがあります。これらは、Googleなどの検索エンジンがサイトの評価や、検索結果表示に利用している重要な要素です。アークコミュニケーションズではこのような隠れた要素の翻訳にも対応いたします。

面倒なCMSの翻訳作業にも対応
企業のコーポレートサイトは多くがCMS(Contents Management System)で制作・管理されています。CMSで作られたWebサイトを翻訳する場合、原文をシステムからテキストデータやHTMLコードを抽出し、翻訳した後、システムに投入する作業など、非常に手間がかかります。さらにCMSにはWordPressやMovable type、ShareWithなどのメジャーなCMSから、企業が独自に開発したCMSまで、さまざまなシステムがあるほか、社内にCMSに詳しい人材がいないこともあるため、翻訳作業にはかなりの負荷がかかります。アークコミュニケーションズは、英語サイトや多言語サイトなどのWeb制作の専門部署を持つ翻訳会社のため、あらゆるCMSに対応ができます。お客様のCMSに直接アクセスし翻訳作業を行うなど、面倒な作業をまるごとお任せいただけます。

Webサイトの翻訳・ローカライズの実績

・旅行業:「Webサイト」の日英翻訳
・シンクタンク:「Web社内報記事」の英語ネイティブチェックと日英翻訳
・医療機器メーカー:「新型ペースメーカー紹介サイト」の日英翻訳
・化粧品メーカー:「キャンペーンサイト」の日英、日中、日韓、日泰翻訳
・飲料メーカー:「製品ページ、レシピ」の日英翻訳
・電機メーカー:「Webサイトに掲載する製品技術情報」の日英翻訳
・警備業:「CSRサイト」の日英翻訳
・飲料メーカー:「Webサイト」の英西、英中、英泰、英尼、英越翻訳
・水産・農林業:「コーポレイトサイト」「グローバルサイト」の日英翻訳
・IT企業:「サステナビリティページ」の英日翻訳

広報・マーケティング分野の関連サービス

インターナルコミュニケーション・社内報
広報誌・ニュースレター
プレスリリース
・編集者・校正者・ライターの派遣
そのほか、広報・マーケティング分野の翻訳サービスについては、こちらをご参照ください。

アークコミュニケーションズの翻訳プロセス

アークコミュニケーションズは翻訳後、3ステップのチェックを行っています。このプロセスが品質の高さを担保しています。翻訳プロセスの詳細については、こちらをご参照ください。

Webサイトの翻訳・ローカライズは
アークコミュニケーションズにおまかせください