大学向けの翻訳

学術的資料や講義関連の資料、大学運営等の事務に関連する資料など幅広く対応

アークコミュニケーションズでは、論文などの学術的資料はもちろん、教材やシラバス、履修案内などの講義関連資料、学校案内や募集要項、教育情報公開資料、各種報告書などといった大学運営等の事務に関わる資料など、幅広い種類の翻訳に対応しています。

確かな実力を持った翻訳会社による翻訳は、高品質な翻訳の実現に加えて、翻訳作業に割く労力の削減効果も生み出し、大学教育や運営、研究活動により多くの時間をかけることにつながります。

大学向けの翻訳は、実績豊富なアークコミュニケーションズにお任せください。

アークコミュニケーションズの
大学向け翻訳のポイント

専門分野に強い翻訳者が独特な用語・表現に対応


大学向けの翻訳で最も重要なのは、学術的な用語や表現を適材適所で駆使できる翻訳力です。アークコミュニケーションズには、学術分野に関する確かな知見と経験を持った翻訳者が多数在籍しています。

厳しいトライアルをクリアした質の高い翻訳者


アークコミュニケーションズには、合格率5%という厳しいトライアルをパスしたネイティブ翻訳者が200名以上も在籍。全文突き合わせチェックなど多重チェックと合わせて、業界屈指の高品質な翻訳をご提供します。

国公立大から専門学校まで豊富な翻訳実績


アークコミュニケーションズは、多くの大学との豊富な取引実績があります。お客様には翻訳サービスの品質の高さに大変ご満足をいただき、繰り返しご依頼をいただいています。

冊子・書籍・Webサイトなどあらゆる資料等の翻訳に対応


学生に配布するパンフレットやリーフレットなどの冊子や教育・研究に使用する書籍、あるいは大学のホームページなど、アークコミュニケーションズは大学の運営で必要となるあらゆる形の資料等の翻訳に対応します。

アークコミュニケーションズの翻訳プロセス

アークコミュニケーションズでは、ネイティブ翻訳者による一次翻訳の後、3ステップのチェックを行うことで、翻訳品質の高さを担保しています。翻訳プロセスの詳細については、こちらをご参照ください。

翻訳納期について

納期は原稿の分量により異なります。お見積りご依頼いただければ、納期についてもあわせてご回答申し上げます。
お急ぎの場合は、短納期対応も可能です。その場合は、ラッシュチャージ(特急料金)を別途申し受けます。
まずは、ご相談ください。

<ラッシュチャージ(特急料金)>
・当日納品:50%加算
・翌営業日納品:30%加算
・短納期(通常1 ヶ月かかる案件を1 週間でご納品といった場合など):30%加算

※原稿の分量によっては短納期に対応できない場合もございます。その際は納期についてご相談させていただきます。納期調整、分納やさみだれ納品等のご相談をさせていただく場合がございます。

大学向け翻訳の対応内容

教材・テキスト

アークコミュニケーションズは、高度かつ専門的なテキストの翻訳実績が豊富です。MBA取得者など、各種専門分野に精通したネイティブ翻訳者が、高品質な翻訳を提供します。

学校案内

単純に外国語に訳すのではなく、大学の特徴や特色、魅力など、伝えたいメッセージが分かりやすく伝わるよう表現を工夫します。年度ごとの更新作業にも対応します。

シラバス

講義名に正しい用語を用いることはもちろん、用語の用法を全体で統一することを徹底して翻訳します。
年度や学期ごとの更新作業にも対応します。

Webサイト

「description」などの表面上見えない要素の翻訳やCMSでの翻訳作業など、面倒な作業をまるごとお任せいただけます。Webサイト全体はもちろんページ単位での翻訳も承ります。

動画(字幕・テロップ)

講義資料や広報宣伝のための大学紹介動画、式典における挨拶動画など、さまざまな場面で用いられる動画について、字幕やテロップの翻訳を承っております。

学術論文

学術用語や言葉遣いについて、言葉そのものの意味だけではなく、学術的な意味合いまでを正しく理解した翻訳を行います。アブストラクトのネイティブチェックもご依頼いただけます。

   

・募集要項
・シラバス
・大学案内、キャンパス案内
・履修案内、履修規定、学位規定
・奨学金案内
・推薦状
・教材、テキスト
・講義ナレーション原稿、PPT資料

そのほか対応している資料

・学術論文
・博士論文
・修士論文
・企業内論文
・論文要旨(アブストラクト)
・論文ネイティブチェック
・学会スピーチ原稿
・学会紀要

 

・入学式・卒業式式辞、学長挨拶
・事業報告書
・教育情報公開資料
・自己点検、評価報告書
・雇用契約書、就業規則、給与規定
・動画字幕、吹き替え
・ウェブサイト、ポータルサイト
・教職員規定書(就業規定等)
ほか

大学向け翻訳の実績

お客様インタビュー記事

学生向け資料等の翻訳

・「留学生向け総合科学科目シラバス」日英翻訳
・「募集要項」日英翻訳
・「大学院履修案内」日英翻訳
・「学位申請の手引」日英翻訳
・「学科紹介、キャンパス紹介」日英翻訳
・「大学院の専攻紹介パンフレット」日英翻訳
・「学長メッセージ」日英翻訳
・「推薦状」日英翻訳
・「講義資料」日英翻訳
・「動画コンテンツ」英日字幕翻訳

学術論文の翻訳等

・「論文」日英翻訳
・「論文要旨」日英翻訳
・「英文アブストラクト」ネイティブチェック
・「英文論文」ネイティブチェック
・「学部学会紀要」日英翻訳

 

教務・校務関連資料の翻訳

・「シラバス作成のためのガイドライン」日英翻訳
・「学生の懲戒に関する規程」日英翻訳
・「SNS投稿ガイドライン」日英翻訳
・「組織名・役職名」日英翻訳
・「就業規則・給与規定」日英翻訳
・「自己点検・評価規程/同 施行細則」日英翻訳
・「海外協定校との合意書」英日翻訳
・「ポータルサイト操作マニュアル」日英翻訳
・「英文サイト新規ページ」日英翻訳
・「コロナ対策WEB」日英翻訳

翻訳サービスの料金

※弊社の通常プロセス(翻訳 → 翻訳チェック → 翻訳見直し)の翻訳料金です。翻訳担当者とチェック担当者に分かれて、翻訳作業を行います。
※原稿のボリューム(文字数/ワード数)が大きい場合、ボリュームディスカウントをさせて頂きます。
※原稿の文字数/ワード数が少ない場合、ミニマムチャージ(¥10,000)を設定させて頂いております。
※短納期のご依頼の場合、別途ラッシュチャージを申し受けます。
※原稿の内容や作業内容、進行方法(分納など)によって、翻訳費用のほかに作業管理費がかかる場合がございます。
※ご支給いただく原稿が紙原稿、スキャンした原稿などの場合、納品形態によっては原稿作成費がかかる場合があります。
※レイアウト調整等の各種 DTP 作業は、別途作業料金を設定しております。
※英語以外の言語への翻訳や、多言語翻訳にも対応しております。詳しくはお問い合わせください。

大学向け翻訳について
お気軽にご相談ください