セミナー詳細

Web担当者向け『 海外向けコーポレートサイト翻訳における5つの注意点 』

近年、海外マーケットの開拓などを視野に、企業のコーポレートサイトの英語の見直しや、多言語化する動きが活発化しています。アークコミュニケーションズでは、翻訳発注の担当者やWeb担当者に向けて、自社のコーポレートサイトの翻訳を依頼するときに、初めてでも安心して依頼できるよう押さえておくべきポイントをお伝えするセミナーを開催します。

今回は、Web会議システム「Zoom」を利用したオンラインセミナー形式で開催いたします。
「コーポレートサイトを英語化するには、どのページから翻訳したらよい?」
「翻訳会社にはどのように発注したらよい?」
「翻訳物をどのようにチェックしたらよい?」
「動画の翻訳はどうしたらよいの?」
「便利なツールのご紹介」

自社のコーポレートサイトの英語版や中国語版を作らなければいけない!となった時に、このような不安を抱えていませんか?Webサイトの翻訳は印刷物と違って注意すべき点が多々あります。しかし、押さえておくべきいくつかのポイントを理解していれば、無駄なく効率的な翻訳依頼ができるようになるはずです。

アークコミュニケーションズは創業当時からコーポレートサイトの制作を多数手がけており、またWebサイトの翻訳や外国語Webサイトの制作も豊富な実績を有しています。今回は、アークコミュニケーションズの代表として、数百社にわたる翻訳プロジェクトに携わり、自らもビジネス書籍の翻訳監修を担当している大里が、「海外向けコーポレートサイト翻訳における5つの注意点」をお教えします。

セミナー概要

プログラム

Web担当者・翻訳発注者向け
『海外向けコーポレートサイト翻訳における5つの注意点』

・コーポレートサイトのどのページを翻訳すべきか
・原稿の形態によって異なる注意点(HTML/CMS/Wordファイル)
・翻訳の品質・レイアウトの品質
・動画の翻訳は吹替?字幕翻訳?
・日本語のコーポレートサイトを作るときから多言語展開を意識して工夫できること

セミナー概要 本講座では、「コーポレートサイト」の翻訳を依頼する際の特有な注意点や、翻訳会社などの翻訳パートナーとのコミュニケーション法、品質の高いアウトプットを効率よく得る秘訣などを、翻訳を受注する立場からお伝えします。
対象者 企業における業務として、コーポレートサイトやイントラネットサイトの管理・運用・更新等を行っている方。
※翻訳関連業に携わる方やフリーランスの翻訳者の方のお申し込みはご遠慮ください。
開催日

2020年11月26日(木)17時~ お申し込み終了いたしました。

2020年8月27日(木)16時~ お申し込み終了いたしました。

受講価格 無料
開催方法

Web会議システム「Zoom」を利用したオンラインセミナー

講師紹介

株式会社アークコミュニケーションズ 代表取締役 大里真理子

日本アイ・ビー・エム、ユニデンを経て(株)アイディーエス設立に参画。「Communicate Locally, Market Globally」をコンセプトに、ビジネスコミュニケーションをサポートするアークコミュニケーションズを2005年に設立、現在代表を務める。東京大学文学部、ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール経営学修士(MBA)、早稲田大学スポーツ科学研究科 修士課程修了。(公社)日本パブリックリレーションズ協会理事、(公社)日本オリエンテーリング協会 副会長など。
大里真理子氏
大里真理子

こんな方におすすめ!

初めて外国語サイトを作るコーポレートサイト担当者
初めてコーポレートサイトを外国語化する翻訳発注者
翻訳発注の経験はあるが、もっと効率のよい翻訳の仕方がないか悩んでいる方

セミナー申し込み

ご好評のため満席となりましたので、受付を締め切らせていただきました。