翻訳を発注する方のノウハウ集:記事詳細

募集要項や大学案内等の学生向け資料の翻訳を翻訳会社に頼むことのメリット


募集要項や大学案内など、学生向けに大学が作成する各種資料の翻訳は、資料の種類が多岐にわたり、かつ量も多い一方、専門性が高い学術用語が使われているため、外部に発注することをためらう担当者もいらっしゃると思います。しかし、こうした資料こそ実は、翻訳会社の力を有効に活用できるものです。

目次[非表示]

  1. 1.専門性が高い学術用語に対応
  2. 2.英語以外の中国語・ベトナム語・ネパール語など多言語翻訳にも対応
  3. 3.過去の翻訳データを活かして効率アップとコスト削減
  4. 4.募集要項や大学案内等の翻訳はアークコミュニケーションズにお任せください
  5. 5.関連サービス


専門性が高い学術用語に対応

募集要項や大学案内、履修案内などの学生向け資料には、大学の学部や授業に関する紹介や解説の内容が盛り込まれており、専門性が高い学術用語が使われていることも多くあります。そうした専門的な内容を正しく翻訳するには、その分野に対する知識・理解が必要であり、翻訳の外注をためらう要因のひとつになると思われます。

授業に関する内容を、担当教授や講師が作成している場合、あわせて英訳も依頼してもらっているケースも多いと考えられます。しかし教授や講師への負荷が大きく、翻訳依頼が難しいこともあります。また、学部や授業の数が多いと、多数の教授や講師が英訳をするために資料全体の統一性の問題が発生し、それを事務側がまとめる作業負荷も大きくなります。

そこでご検討いただきたいのが、翻訳会社による翻訳サービスの利用です。翻訳会社にはさまざまな分野の専門知識やバックグラウンドをもった翻訳者がおり、専門性が高い学術用語に対応できる翻訳者も多く登録しています。また、大量の文章の翻訳をどう統一して制作するか、といった点は、翻訳会社の本領発揮の部分となります。翻訳資料の内容やボリュームに応じて適切な作業体制を整えられるので、文章量が多く内容が多岐にわたる資料でも安心してお任せいただけます。

英語以外の中国語・ベトナム語・ネパール語など多言語翻訳にも対応

大学の担当者を悩ませる点として、英語以外の言語での翻訳の必要性も挙げられます。留学生の多くが、中国やベトナム、ネパール、韓国、台湾などのアジア圏から来日しているため、英語だけではなく留学生の母国語に翻訳しなければならなかったり、さらに、英語、中国語、韓国語などの複数の言語に同時に翻訳する「多言語翻訳」が必要なケースもあります。

このような英語以外の言語や、多言語への同時翻訳こそ、翻訳会社をご利用ください。

翻訳会社には、英語や中国語などの一言語の対応を得意とした翻訳会社(SLV:Single Language Vender)と、英語だけでなく、アジア系言語、ヨーロッパ系言語、中近東系言語など、さまざまな言語の翻訳に対応できる翻訳会社(MLV:Multi Language Vender)があります。アークコミュニケーションズは、44言語以上の言語の翻訳に対応しており、お客様のご要望する言語への翻訳に対応できます。もちろん多言語同時翻訳についても対応可能です。

過去の翻訳データを活かして効率アップとコスト削減

募集要項や大学案内、履修案内などの学生向け資料は、毎回すべてが変わるわけではなく、一部の修正や追加で作成されることが多いものです。このような、過去の文章を利用しつつ変更箇所や追加箇所のみを翻訳したいような場合は、翻訳会社を利用するメリットがあります。

その秘訣は、「翻訳メモリ(翻訳支援ツール)」というツールにあります。翻訳メモリとは、過去に翻訳した原文と翻訳結果をデータベースに蓄積し、次回以降の翻訳に活かせるようにするものです。手作業での翻訳の場合、過去の翻訳を使える部分を確認するのに手間がかかりますが、翻訳会社の翻訳メモリを使えば効率的に見分けられ、必要な部分のみをスムーズに翻訳することができます。

特に、募集要項や大学案内などは作成時期が重なることが多く、担当者の負荷はさらに高くなりがちです。そうした負荷の軽減にも、翻訳会社への依頼をご検討ください。ただし、翻訳会社が翻訳メモリを扱っているわけではないので、翻訳発注前にお尋ねいただくと良いでしょう。

翻訳依頼の回数を重ねる度に、翻訳メモリのデータも蓄積され、翻訳作業の効率性と翻訳品質は向上します。さらに、翻訳にかかるコストの軽減にもつながります。アークコミュニケーションズでは翻訳メモリを使用しての翻訳サービスも提供しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

募集要項や大学案内等の翻訳はアークコミュニケーションズにお任せください

アークコミュニケーションズは、多くの大学・教育機関・研究者との取引実績があります。募集要項や大学案内の翻訳はもちろん、教材やシラバスなどの翻訳にも幅広く対応しています。

<アークコミュニケーションズの教育関連翻訳実績>
・国立大学 大学案内の日英翻訳、デザイン、印刷
・私立大学 大学案内の多言語翻訳(英・中・韓・越・泰)、DTP
・国公立大学大学院 入学手続き、シラバス 日英翻訳
・大学系ビジネススクール MBAプログラム 日中(簡)翻訳、日韓翻訳
・国公立大学 教育情報公表資料(約200ページ) 日英翻訳、DTP、PDF化
・大学 学術論文の英語ネイティブチェック
・製薬メーカー 企業内論文の日英翻訳
・大学 学生修士論文の英文添削

大学・教育関連の翻訳にお困りでしたらアークコミュニケーションズにお声がけください。些細な内容でもご相談いただければ、さまざまなソリューションをご提案いたします。


関連サービス

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
翻訳の見積もりは無料で承っております!
翻訳料金表ダウンロードはこちら
お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)