翻訳を発注する方のノウハウ集:記事詳細

ゲーム・アプリの翻訳(ローカライズ)の難しさと求められる実践的なノウハウ


グローバル化が進みゲーム・アプリ市場が世界規模で成長している昨今、ゲーム・アプリの翻訳(ローカライズ)の重要性が増してきています。しかし、ゲーム・アプリの翻訳には、マンガや小説などの翻訳にはない独特の難しさがあります。今回はそうしたゲーム・アプリのローカライズの難しさと、求められる実践的なノウハウについて解説します。

目次[非表示]

  1. 1.ゲーム・アプリ翻訳の難しさ① カルチャーギャップ
  2. 2.ゲーム・アプリ翻訳の難しさ② コストと売上のバランスの見極め
  3. 3.ゲームやアプリのローカライズはアークコミュニケーションズにお任せください


ゲーム・アプリ翻訳の難しさ① カルチャーギャップ

ゲーム翻訳・アプリ翻訳において重要なことは、「カルチャーギャップ」に対応することです。そのためには、マンガや小説などの翻訳と同じように、発売地域の文化に対する高い理解度と表現力が求められます。日本では違和感なく使っている言葉や表現であっても、発売地域では意図したとおりに伝わらなかったり、誤解を生んでしまう可能性もあるからです。

例えば、「生麦生米生卵!」というセリフがあるとします。直訳は「Raw wheat, raw rice, raw egg!」ですが、これでは早口言葉であることさえ伝わりません。この場合は、英語の早口言葉「She sells seashells by the seashore...」などに置き換えることが必要です。さらに、アークコミュニケーションズでは、こういったカルチャーギャップに対応した翻訳だけでなく、「カルチャーチェック」という、サービス展開予定国の文化などに適した文章となっているか、翻訳文内にその国・地域では許されないワーディングがないかなどを確認するチェックも行います。

また、ゲームやアプリにはテキストだけでなく動画や音声、プレイ操作が伴うため、単純な翻訳に留まらず、操作性を考慮した対応も必要です。たとえば、日本ではゲームの「決定」ボタンがコントローラー上で「○」と表記されますが、海外では「×」となります。ひとつの画面で表示できる文字数に制限があるのも、ゲームやアプリのローカライズ特有の難しさだといえるでしょう。ほかにも、ゲームやアプリにはキャラクターやアイテム、技などたくさんの固有名詞が登場するため、翻訳後の訳語をきちんと統一するために用語集を作成する必要がある、といったこともあります。

アークコミュニケーションズには、ターゲット地域のカルチャーに造詣の深いネイティブ翻訳者が多数在籍しているため、カルチャーギャップ等のローカライズ特有の難しさに対応した翻訳サービスをお客様に提供することができます。

■アークコミュニケーションズが選ばれる理由もご覧ください。

ゲーム・アプリ翻訳の難しさ② コストと売上のバランスの見極め

ゲームやアプリのローカライズにおいては、予算の問題が立ちはだかることがままあります。先に挙げたようなポイントをすべて押さえながら翻訳する場合には、相応の予算と時間が必要になるためです。

ただでさえ予算が逼迫しがちなゲーム・アプリ開発においては、ローカライズにかける予算を十分に確保することは中々難しいのが実情でしょう。その国の言語にローカライズしたら、どれだけの売上が見込めるのか?必要となるコストと予測できる売上のバランスの見極めは、ゲーム業界ならではの難しさだと言えます。

しかし、近年はSNSの発達やゲーム・アプリ開発環境の進化により、ローカライズによるユーザーの反応を予測・計測しやすくなったことで、ローカライズのニーズは増えてきています。また、ゲーム・アプリの市場は毎年成長している激戦区であることから、ゲーム・アプリの質を高めるローカライズの重要性も年々増してきています。アークコミュニケーションズは、お客様からとご相談しつつ、ご要望の予算や納期等の条件に対して最適な翻訳サービスをご提案しております。


ゲームやアプリのローカライズはアークコミュニケーションズにお任せください

アークコミュニケーションズは、各分野に特化したプロフェッショナルな翻訳者が多数在籍しており、お客様のニーズに応えられる翻訳サービスを提供しています。カルチャーギャップに対応したローカライズはもちろんのこと、翻訳作業の内容や納期についても極力、お客様のご希望にマッチできるよう、親身になって相談させていただきます。

■ゲーム・アプリのローカライズにお困りでしたら、ぜひアークコミュニケーションズにお声がけください。

■お見積もりも無料で承っております。

■翻訳料金表のダウンロードはこちら


まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
翻訳の見積もりは無料で承っております!
翻訳料金表ダウンロードはこちら
お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)