翻訳を発注する方のノウハウ集:記事詳細

社会に常に求められる「医療翻訳」に必要不可欠な要素とは?


Webサイト・ローカライズ

日々進歩し続ける医療の世界では、世界中で医療技術や新薬、医療機器等の開発が進められ、次々と新しい研究成果が世に送り出されています。この医療の発展を情報の伝達や普及といった側面から支えているのが「医療翻訳」です。今回は、社会に常に求められる「医療翻訳」を行うにあたって、翻訳者や翻訳会社に必ず求められる要素について紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.医療翻訳は「常に求められている」翻訳分野
  2. 2.医療翻訳に必要なのはミスのない翻訳を実現する万全な体制
  3. 3.医療翻訳は実績豊富なアークコミュニケーションズにお任せください


医療翻訳は「常に求められている」翻訳分野

一言で医療翻訳と言っても、翻訳の対象となるものは様々。その中でも特に翻訳のニーズが高いのが、学術系、医薬系、医療機器系の3つの分野です。

まず、医学分野のアカデミックな作業に必要となるのが学術系翻訳です。医師が作成した論文を海外で発表するための英訳や、海外の学術誌や専門誌で発表された記事を日本の医学系雑誌に掲載するための和訳などが、これにあたります。

次に、医薬品の研究や開発に特化した医薬系翻訳です。海外で開発された新薬の研究資料や承認申請資料の和訳、また治験に関する資料の和訳などが例として挙げられます。GMP関連資料の翻訳もこれに含まれます。

そして、海外製医療機器の国内使用や、国産医療機器の海外販売に必要になるのが、医療機器系翻訳です。医療機器の取扱説明書や商品説明資料の翻訳がメインになります。

これまでアークコミュニケーションズでも、新型ペースメーカーの資料や化粧品の能書、あるいは歯科インプラントの施術方法の説明書など、実に多様な医療翻訳を手掛けてきました。医療は社会に必要不可欠であり、日々新しい技術や製品が生まれるために、医療翻訳もまた常に求められている翻訳分野であると言えます。

■アークコミュニケーションズの医療翻訳の実績はこちら

医療翻訳に必要なのはミスのない翻訳を実現する万全な体制

一方で医療翻訳は、膨大な専門知識が必要不可欠となる難しい分野でもあります。医学・薬学・化学に関する知識はもちろんのこと、生化学や遺伝子工学、物理学などのより広い範囲での専門知識が必要になることもあります。さらに医療機器系の翻訳ではITに関する知識までも求められます。

そして、医療翻訳において何よりも重要なことは、万が一誤訳があれば人命が左右される場合もある、ということです。すなわち、特に医療翻訳において翻訳ミスは絶対に許されないのです。

そのため医療翻訳を行うに際しては、翻訳者や翻訳会社には知識や言語能力だけではなく、ミスを見逃さない徹底的したチェックやお客様との綿密なコミュニケーションが行える万全な体制づくりが求められます。医療翻訳を依頼するにあたっては、こういった万全な体制が整えられているかを見極めることが重要になってきます。

アークコミュニケーションズでは、お客様の情報や業界の状況について徹底的にヒアリングやリサーチを行った上で翻訳に取り掛かることで、情報不足から起きる誤訳を予防しています。さらに、翻訳を行った翻訳者とは別の翻訳者がチェッカーとして全文の突合せチェックを行うほか、弊社の品質保証部及びプロジェクトマネージャーが最終チェックを行うことで、ミスのない翻訳を実現します。

■アークコミュニケーションズの「品質に対する理念」もご覧ください。

医療翻訳は実績豊富なアークコミュニケーションズにお任せください

アークコミュニケーションズは、医療分野の翻訳について豊富な実績を有しています。合格率5%という厳しいトライアルをくぐり抜けた経験豊富な翻訳者による翻訳と、ミスのない翻訳を実現する万全な体制により、大事なお客様のドキュメントを丁寧かつ確実に正しく翻訳します。

■Webサイトの翻訳にお困りでしたら、ぜひアークコミュニケーションズにお声がけください。

■お見積もりも無料で承っております。

■翻訳料金表のダウンロードはこちら


まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
翻訳の見積もりは無料で承っております!
翻訳料金表ダウンロードはこちら
お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)