翻訳を発注する方のノウハウ集:記事詳細

質の高いWebサイト翻訳を成功させるための要件は?


Webサイト・ローカライズ

外国語版Webサイトや多言語サイト、グローバルサイトの品質は、海外からの顧客獲得の成否を左右する重要な要素です。会社の顔とも言えるWebサイトが不自然な直訳になっていると、顧客に悪い印象を与え、獲得できるはずのビジネスチャンスを逸してしまうことになります。今回は、顧客からの信頼を得られる、質の高いWebサイト翻訳成功のための秘訣について紹介していきます。

目次[非表示]

  1. 1.ローカライズを意識した翻訳が海外顧客の心を掴む
  2. 2.ターゲットランゲージのユーザーに対する細やかな配慮が信頼へとつながる!
  3. 3.Webサイトの翻訳は実績豊富なアークコミュニケーションズにお任せください


ローカライズを意識した翻訳が海外顧客の心を掴む

「翻訳」と聞くと、単純に言葉を変換するだけの作業であるかように思われがちです。しかし、ひとつの言語を他の言語に翻訳する際には、翻訳後の言語(ターゲット言語)の文化に配慮した翻訳が必要となります。

例えば日本語には「ことわざ」なども含め、日本語でしか通用しない言い回しがたくさんあります。Web翻訳をする際には、こういった言い回しをターゲット言語で使われている近いニュアンスのフレーズに書き換えなければいけません。そのため翻訳者には、ターゲット言語が使われている国や地域の文化に配慮した上で適切な翻訳をあてはめられる高度な語彙力や調査力が求められます。

アークコミュニケーションズでは、合格率5%という厳しいトライアルをくぐり抜けた、経験豊富なネイティブ翻訳者が翻訳を担当するため、海外の顧客にも信頼される高品質で自然な翻訳を実現します。

■アークコミュニケーションズが選ばれる理由もご覧ください。

ターゲットランゲージのユーザーに対する細やかな配慮が信頼へとつながる!

さらにWebサイトの翻訳には、言語を翻訳すること以外にも気をつけなければいけないことがあります。

例えば、顧客が海外にいることを考慮すれば、会社へのアクセスが書かれているページには住所のところにJapanと表記が必要です。顧客が海外から訪れることを考えれば、空港や主要な駅からのアクセス方法から説明する必要があります。また、電話番号に日本の国番号81が表記されているかどうかでも、海外からの問い合わせのしやすさが大きく変わります。ほかにも、日本と英語圏では住所の書き順が逆なので、お問い合わせフォームなどで日本語版サイトの入力フォームをそのまま利用すると、顧客を混乱させる可能性があります。

さらに、インターネット環境は国によって違いがあるため、日本ではストレスなく閲覧できるWebサイトでも、海外で同様のスピードで見られるとは限りません。入念なリサーチで海外のインターネット環境を理解し、画像や動画を多数使用したリッチコンテンツの制作などに十分に配慮しながらWebサイトを翻訳していくことが必要です。

アークコミュニケーションズでは、Web制作部門を社内に保有しており、Webサイト翻訳に必要な全ての作業をお任せいただけます。

■Webサイトの翻訳サービスの詳細はこちら

Webサイトの翻訳は実績豊富なアークコミュニケーションズにお任せください

アークコミュニケーションズは、創業以来多数のWebサイト翻訳の経験と実績を有しています。きめ細やかな翻訳とWebサイトならではの対応により、お客様の外国語版サイトや多言語サイト、グローバルサイトを海外の方が見ても違和感のない表現に仕上げ、お客様のグローバルなビジネス展開をサポートいたします。

■Webサイトの翻訳にお困りでしたら、ぜひアークコミュニケーションズにお声がけください。

■お見積もりも無料で承っております。

■翻訳料金表のダウンロードはこちら


まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
翻訳の見積もりは無料で承っております!
翻訳料金表ダウンロードはこちら
お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)