翻訳を発注する方のノウハウ集:記事詳細

catch-img

翻訳依頼時の検討材料に!「翻訳支援ソフト」について知ろう

翻訳業界では、Tradosなどの「翻訳支援ソフト」というツールを利用することがあります。一般的な知名度はあまり高くありませんが、翻訳費用が抑えられたり、納期短縮を図れたり、用語の統一がしやすいなどのメリットから、大規模プロジェクトや、マニュアルなどのバージョンアップ対応、繰り返しの多い翻訳物などの際に翻訳支援ソフトを利用しています。

今回は、翻訳作業を依頼する際の検討材料としていただけるように、翻訳支援ソフトの概要や活用方法、注意点についてお話しします。

目次[非表示]

  1. 1.翻訳支援ソフトとは
  2. 2.翻訳支援ソフトの利用シーン
  3. 3.翻訳支援ソフトの利用を依頼する時の注意点
  4. 4.翻訳はアークコミュニケーションズにお任せください
  5. 5.関連サービス


翻訳支援ソフトとは

翻訳支援ソフトは、AI翻訳や機械翻訳といった自動翻訳とは異なり、翻訳者が翻訳した訳文と原文をペアリングしてデータベースとして保管するシステムです。次に同じような原文を翻訳する際に、同一の原文がないかデータベースを検索し、該当する原文があった場合に対応する訳文を再利用します。翻訳の記録を残すという性質から「翻訳メモリツール」とも呼ばれます。

原文を単語レベルで翻訳してコンピュータが文章をつくる機械翻訳(自動翻訳)に対して、翻訳支援ソフトの場合は、基本的にはすべて翻訳者が翻訳するという点が大きな違いです。元々は、機械翻訳の精度が高くなかったために生まれたツールで、あくまで人が翻訳するのをサポートする目的で使われるため、人の手による高品質な翻訳を保つことができるメリットがあります。

翻訳業界では「Trados(トラドス、正式名SDL Trados Studio)」というソフトウェアがシェアNo. 1で、ほかにも「SDLX」や「Transit」といったソフトウェアが存在しています。最近は「Memsource」のように、ブラウザ上で利用できるサービスもいくつか登場しています。

翻訳支援ソフトの利用シーン

翻訳支援ソフトが有効なのは、「マニュアル」や「仕様書」あるいは「就業規則」などといった、初版や「バージョン1.0」をベースとして改定を行っていく類いのドキュメントや、株主総会資料/取締役会資料/決算資料のように定期的に同じ内容構成で作成するドキュメントの翻訳作業です。

例えば年に1度、決算資料を翻訳するプロジェクトの場合。初回の作業では原文すべてを人の手で翻訳する必要がありますが、この時に翻訳支援ソフトを使い、原文と訳文をペアリングしてデータベースに保存しておきます。すると翌年以降、決算資料を翻訳する際に、前年の翻訳プロジェクトで保存しておいた原文と訳文のペアリングデータを利用することで、効率的に翻訳を進められるようになります。また、前回までの訳文と語句やスタイルの統一がとれ、複数の翻訳者が翻訳してもばらつきを防げるために、品質の向上にもつながります。

翻訳支援ソフトの利用を依頼する時の注意点

Tradosなどの翻訳支援ソフトの利用を翻訳会社に依頼する際には、注意すべき点もあります。翻訳支援ソフトを使う場合には最初に「データベースを作成する」という作業が発生します。そのため、データベース作成の費用と納期がかかる点です。繰り返し利用する機会が見込まれないドキュメントや、原文の表現にあまり統一性がないなど使いまわしがしづらいドキュメントの翻訳には、翻訳支援ソフトは不向きです。翻訳プロジェクトで翻訳支援ソフトを使うかどうかは、翻訳会社にまずはご相談ください。

翻訳はアークコミュニケーションズにお任せください

アークコミュニケーションズでは、翻訳支援ツール「Trados(トラドス)」を駆使した効率的な翻訳プロセスでお客様の過去の翻訳資産を有効活用し、「リーズナブルなコストと高い品質」を実現する翻訳ソリューション「アーク翻訳DX」をご提供しています。

<「アーク翻訳DX」が力を発揮する翻訳>

  • 決算資料や有価証券報告書、事業報告書、統合レポート、アニュアルレポートなどのIR関連資料
  • 教材、学校案内、教育情報公表資料、シラバス、教職員規定書などの大学・ビジネススクール・教育機関向け資料
  • 教育資料、研修資料、教育マニュアル、就業規則などの人事・総務向け資料
  • 標準化ガイドライン、仕様書、設計書、マニュアル類、取扱説明書などのIT・情報通信や機会・技術関連資料
  • 契約書、申請書類、各種証明書、規則、条例、ライセンスなどの法律関連資料

機械翻訳やAI翻訳では品質に不安が残る。でも、翻訳コストを削減したい、納期も短縮したいとお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。



関連サービス

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
翻訳の見積もりは無料で承っております!
翻訳料金表ダウンロードはこちら
お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)

お役立ち!
ダウンロード資料


人気記事ランキング


カテゴリ一覧