翻訳を発注する方のノウハウ集:記事詳細

catch-img

多言語翻訳で意味やニュアンスのズレを防ぐ方法とは

多言語翻訳では言語間のニュアンス等のズレを抑える必要があります。アークコミュニケーションズではハイコンテクストとローコンテクストの違いに着目し、ローコンテクストな英語をハブ言語にするなど工夫しています。多言語翻訳はアークコミュニケーションズにお任せください。

記事を見る

catch-img

多言語翻訳の発注時に注意すべき3つのポイント!

英語以外の言語への翻訳や、複数の言語に同時に翻訳する「多言語翻訳」。翻訳会社に発注する際には、いくつかのポイントを押さえておくと安心です。多言語翻訳は、豊富な実績を有するアークコミュニケーションズにお任せください。

記事を見る

catch-img

「マイクロソフト」は中国語にすると「●●」?固有名詞の中国語への訳し方

全てを漢字で表記する中国語では、日本語がカタカナで表現する固有名詞も漢字になります。中国語の種類や特徴を熟知しているアークコミュニケーションズは、どんな翻訳が必要かをヒアリングし、読みやすさや分かりやすさに徹底的にこだわった中国語翻訳を実現します。

記事を見る

catch-img

「手紙」は中国語では「○○」の意味?日本語と中国語の「漢字」の違いを学ぼう

同じ漢字を使う中国語と日本語ですが、同じ字でも意味が違ったり、日本にしかない漢字もあるのをご存じでしょうか?アークコミュニケーションズでは、文化や歴史はもちろん習慣や国民性といった言葉の背景を深く理解し、丁寧に配慮した翻訳を実現しています。

記事を見る


catch-img

学術論文の翻訳やアブストラクト作成、ネイティブチェックを翻訳会社に依頼することのメリット

学術論文の翻訳は、研究活動において必要不可欠な作業ですが、労力と時間がかかります。翻訳会社に依頼することで、その分の労力と時間を研究活動にご活用いただけます。学術関連の翻訳にお困りでしたらアークコミュニケーションズにお声がけください

記事を見る




catch-img

IR関連資料の翻訳の特徴と翻訳発注時の大事なポイント

決算資料や有価証券報告書、事業報告書、アニュアルレポートなどのIR関連資料の翻訳には特徴があります。これらを踏まえて翻訳会社を見極めることが、発注の際には重要です。IR関連資料は多数の実績を有するアークコミュニケーションズにお任せください。

記事を見る

まずはお気軽にお問い合わせ下さい

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
翻訳の見積もりは無料で承っております!
翻訳料金表ダウンロードはこちら
お電話でもお問い合わせ頂けます
(受付時間/平日10:00~18:00)